2014年ドクターシーラボの権利取り

2013年 12月 26日

今日は2013年の株主優待権利落ち日です。

今月株主優待の権利を取ったコクヨとマクドナルドがどうなったか、という話は改めてすることにして…

今日は来月の株主優待に向けて少し取引をしたので、そちらを先に記録しておくことにします。

取引した銘柄はドクターシーラボ。

ほぼ毎年株主優待を頂いている企業で、株式取引の口座を開いてすぐに買ったのもこの銘柄です。

今となっては懐かしいですけど、口座を作ったらとにかくすぐに取引がしたくて、ほとんど何も考えずに注文を出した記憶があります。

もちろんドクターシーラボの値動き自体はずっと追いかけていましたけど、それにしてもとにかく現物買い、という感じでまあ危なっかしいこと。

当時は1株16万円くらいで取引されていたのですが、今は倍くらいの30万円になっています。

そのまま持っていれば資金も倍になったのに、という考え方もありますけど、当時はデイトレに近いスイングに夢中でどんどん取引をしていました。

まあこれも今にして思えば危なかったんですけど、危険な目に遭ったり実際に痛い目に遭って分かることもあったりします。

と、ちょっと昔を思い出してしまいましたが、私にとってドクターシーラボはとっても特別な銘柄なんですよね…

今年もドクターシーラボの株主優待を受け取るために、今回は少し早めに動いてみることにしました。

■ドクターシーラボの現物買い

更新をサボっていた為に、実際にこの文章を書いているのはもうとっくに権利確定して株主優待が届いた後の7月。

だから当然結果がどうなったのかを知っている訳ですけど、それを最初に書いても仕方がないので結果はもう少し後にします。

値動きがどうだとかは結構忘れているというのが正直なところですが、チャートを見ると12月に入って大きく値を下げていたようです。

 

ドクターシーラボのチャート

 

権利確定日まであと1ヶ月ありますが、そのままずっと下げ続ける場合も今までの経験では結構ありました。

だから注文には少し勇気が必要でしたが、12月26日に3株現物買い注文を入れました。

 

ドクターシーラボの現物買い

 

31万3500円で3株だから、94万円くらいの取引になりました。

私が株式投資の参考にしている書籍はあまり多くありませんが、参考にしている数少ない書籍の中に「年末はポジションゼロにすべき」ということが書かれています。

色々気づかされる書籍ではありますが、大納会には損失を出しても構わないので全株手仕舞いした方が良い、というのが未だに実感できません。

だから今回も、年越しになることを承知でドクターシーラボの現物を保有することにした訳です。

私が何も知らないだけで、そうした教訓をいつか実感できる日が来るのかも知れない、というのがちょっと怖いですね。

自分の体験として経験する為には、授業料として結構な額の金額が必要になることが多く、多分今回も例外ではないはずですから。

とまあネガティブになっても何も始まらないので、まずは権利確定日までしっかり値動きを追いかけていこうと思います。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ