2013年2月の株主優待再検討-1

2013年 2月 20日

昨日の夜に、私が昔運営していた株式投資ブログを読み返す機会があったんですけど……

何というか、もの凄くトレードが下手だな、と思って読むのが恥ずかしくなってしまいました。

私の部屋で自分が昔書いたブログを読んで恥ずかしがっても、なにも良いことなんてないんですけど。

それでも、読んでいて「こんなに危ないことを平気でやってたのか……」と正直言って怖くなりました。

良く退場にならなかったな、と本気で思いました。

これは、私の投資スキルが上がってそう感じるのか、それとも単純に「言うだけなら誰でも出来る」状態なのか。

出来れば前者であって欲しいんですけど、この先安定して利益を出せるのかで答えは出ると思います。

当時のブログを読むと、普通に40万円の含み損を抱えながら「値動きを追いかけるしかありません」みたいなことを言ってます。

もっと他にやることがあるだろと昔の私に言いたいです。

最終的にはその含み損が綺麗になくなって、逆に結構な利益が出たところも恐ろしいですね。

と、ちょっと余計な話をしましたが……

2013年2月の株主優待権利確定日が迫ってきたので、狙える銘柄があるかをもう一度確認してみたいと思います。


■2013年2月の株主優待狙い

2013年2月の株主優待で狙っていたのは、以下の企業になります。

・ギャバン

・ビックカメラ

・ドトール

・パスポート

・トランザクション

・F&Aアクアホールディング(4℃)

・コックス

この中でコックスは既に現物買いを入れていて、少し早めの権利確定になりましたが、他の銘柄はどうか。

・ギャバン

 ギャバンのチャート

相変わらずの低い出来高で、買い注文と売り注文の差も大きくて、もうギブアップ状態です。

株主優待自体は、今月の優待の中で最も欲しいんですけど、損するのが分かっていることだけは出来ません。

・ビックカメラ

 ブックカメラのチャート

上記チャートを見るとずっと上げトレンドですが、そろそろ天井? と思っていたら微妙に値を戻しています。

ここからさらに上も考えられますが、ここで株主優待欲しさの買いを入れるのはかなりの勇気が必要です。

もう少し長くなりそうなので、次回にも続きます。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ