「株主優待で損しない為に」の記事一覧

とるべき行動と感情の関係

トータルで負けない為には、その場で負けを確定させる行動である「損切り」をきっちりと実行していく必要があります。

何だか矛盾しているように感じることからも、これを実際の場面で実行するのが難しいことが分かるはずです。

頭では損切りをした方が良いと分かっていても、理解と納得は少し別の存在なんですよね。

また、仮に「損切りをするのは正しいことで、必要なことなんだ」と納得をしていたとしても、簡単に上手く行く訳ではありません。

この取引では絶対に損をしたくないという気持ち、これ以上損を重ねたくはないという恐怖。

今の含み損を何とか利益に変えたいという欲。

これらは人間の自然な感情ですから、そうした感情を完璧に排除して、必要な行動を断固実行するのは難しいんです。

これが、株式投資で利益を出し続けるのが非常に難しい理由です。

買った株は上がるか下がるかするしかないのだから、勝つか負けるかは50%ではないか。

そういう考え方をする人も中にはいるかも知れませんが、それは実際に株式投資をしたことがない人の意見。

実際に大きな金額をかけて株を買った時には、そこに自分の感情が大きく入ってくることになります。

それなのに、上げ下げの数字だけを見て売買をコントロールするのは、やっぱり難しいことなんです。

負けないことと損切りの関係

株式投資には、これをやれば必ず儲かるという必勝法はなくても、確実に負けるやり方は存在します。

こういうやり方と気持ちで株式投資をすれば、年単位で見るとほぼ100%の確率でマイナスになる、というやり方。

この銘柄を買ったからダメとか、チャートを見てここで買いを入れるとか、そういう具体的な話ではありませんが……

自分の資金の中で、どのようにお金をコントロールしていくか、というのは、買うべき銘柄以上に重要なことです。

逆に考えれば、そうした必ず負ける方法を避けていれば、ほんの少しだけ勝ちに近づくことが出来るということ。

まあこれは必勝法という程の話ではないですけど、負けから少しでも遠ざかることは重要なことです。

「負けない状態」を徹底的に繰り返していくことで、少しでも勝ちに近づいていくという考え方です。

かなり地味な話ですけど、お金がかかっている訳ですから、地味なことをそのままにしていい訳ではないですよね。

株には必ず負ける方法がある

株式投資には、いわゆる「誰でもこうすれば勝てる手順」みたいな必勝法は存在しません。

そうした言葉が飛び交うのは、高額な株式投資マニュアルとか、怪しげな迷惑メールの中だけ。

なぜ高額なマニュアルの販売ページには、株の必勝法などの言葉が出ているのかというと……

まあそういう表現をしないと売れないからだし、そう書けば多少は騙される人がいるということでしょう。

しかし、株で必ず勝てるという方法を知っている人が、わざわざ自分だけの手法をマニュアルにして販売しますかね。

仮に必勝法があったとしても、それが広まってしまったら使えなくなってしまう、というリスクをとってまでして。

私だったら絶対にそんな面倒なこと絶対にしないですけどね。

また、マニュアルを買う人がそのあたりの仕組みを考えないのも不思議でしょうがないです。

なぜですかね、これは。

損切りが出来ない状況で

いくら余裕資金で株式投資をしているとは言っても、その資金を全部注文に使うと損失を出す確率は高い。

そんな話を前回はしてみましたが、損失の確率が高くなってしまうのは一体なぜなのか。

別に自己資金の中で、しかも余裕資金の中でやる分には、そこまでの影響はないんじゃないか、と思うかも知れません。

だけど実際にそれをやってみると実感出来ることもあります。

私もやってことは結構ありますけどは、やっぱり全力でやると損失の可能性が上がるんだよな、という感想を持っています。

私も最初は不思議に思ったんですけど、自己資金全力でトレードをして、順調に資金を増やしていくことは難しいんです。

単純に私のメンタルがダメで、普通の人は自己資金全力でも問題なくやっていける可能性もありますが……

まあ私もそこまでダメではないだろうと思うので、やっぱり自己資金全力は危険なやり方のはずです。

今回はそのあたりの損失を出してしまう仕組みについて、もう少し詳しく考えてみたいと思います。

資金全力で投資する危険性

株式投資で利益を上げる為には、しっかりとした損切りが必要です。

その場だけを見れば、結果的に損切りを我慢してコア部を保有し続けたから利益を出すことが出来た、という場面もあるでしょう。

でも全ての場合でそうなる訳ではなくて、損切りを我慢したあとで結局諦める場合には、損失の金額はどうしても大きくなります。

そうした損失の一撃が、いままでコツコツと積み上げてきた利益を大きく減らすことになるんです。

自分だけはそんなバカなことをしないから大丈夫、と思いたくなる気持ちは良く分かります。

私だってそう思っていましたから。

でも実際に自分だけが大丈夫なんてことはなくて、基本的に自分は悲しいくらい皆と同じなんだと感じることになります。

自分は株式投資の天才ではなかった。

これはある程度株式投資をやっている方であれば、一度は思ったことなんじゃないかと思います。

だけど天才ではなくてもある程度の利益を出し続けることは可能なので、自分が確実に出来ることをやっていくしかありません。

今回は、株式投資で利益を出しつつ、大きな損失を出さないようにする為に、絶対に必要な項目について書いてみます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ