「株式投資について」の記事一覧

株主優待を楽しむ為に

株式投資で出す利益の種類は大きく分けて二種類あります。

株を長期保有してその配当金で利益を上げる「インカムゲイン」と、売買時の差額で利益を上げる「キャピタルゲイン」

実際に株式投資をする際には、わざわざそんな言葉を覚えておく必要なんてありません。

だけど、自分がどんなパターンで利益を出したいのか、というパターンをはっきりさせておくのは大事なことです。

長期保有で配当金を狙うのか、あるいはある程度短いスパンで売買して利ざやを稼ぐのか。

そこがはっきりしていないと、売買で損失を出す可能性が非常に高くなってしまいます。

短期売買で利益を上げようとして買った株なのに、突然株価が下がったから、そのまま長期保有に移行していく。

これを一般的には「塩漬け」と呼び、損失を出してそれを膨らませる黄金のパターンですね。

そういう痛い目に遭わないように、ある程度の基本的な知識を身につけておくのは有効じゃないかと思います。

利益の種類は2つある

株式投資をする目的とは……

そんな大雑把な質問をされた場合、恐らくほとんどの人はこのような回答をするのではないでしょうか。

利益を出す為に株式投資をする、と。

もちろん私も同じ意見です。

私には本業による収入もありますし、その収入で生活に必要なお金を賄っている状態でもあります。

ちょっとまわりくどい表現をしましたけど、要するにごく一般的なサラリーマン家庭を持っている、という状態ですね。

本業がきちんとあって、毎月安定した収入を得ることが出来る状態というのは非常に有り難いことです。

その本業に必要なスキルをしっかりと磨いていきたい、という気持ちも当然のことながら強く持っています。

しかし。

収入源がその本業収入だけという状態は、あまりにも不安定な状態じゃないかとも思うんです。

心配性過ぎると思われるかも知れませんけど。

だから株式投資をやっていて、それで本業の収入に迫るまでは行かなくても、ある程度の副収入になれば。

そんなことを考えています。

ちょっと自分のことを書いてしまいましたが、今回は株式投資で得られる収入の種類についてです。

現物取引と信用取引の比較

株式投資には大きく分けて「現物取引」と「信用取引」がある、という話を今までしてきました。

これらの取引形態は「こちらがベスト」というものではなく、どちらにもメリットがあって、どちらにもデメリットがあります。

凄く単純な表現になってしまいますけど、それぞれのメリットを生かした取引をするのがベストじゃないかと思います。

そして、それぞれのメリットを生かす為には、それぞれの特徴を良く知っておく必要があります。

とまあそんな訳で、今まで現物取引と信用取引のメリットとデメリットについて書いてきました。

単純に欲張ってしまうと、売買出来る限度金額が大きくなるし、手数料も安いし、売りからも入れる信用取引が良さそうに見えます。

でも、その分だけ大きなリスクを負うことと、お金を借りて取引をする際に金利を支払うことなど、良いことばかりでもありません。

また、株式投資をしたくて証券会社に口座を作る際には、信用取引をする場合に限って審査もあります。

まあ証券会社としては、信用取引をする人=お金を貸す相手ですから、誰でもどうぞという訳にはいかない、ということですね。

ということで、今回は今までのまとめということで、今まで書いてきた内容を簡単にまとめてみます。

信用取引のデメリットとは

「レバレッジ効果(テコの原理)」を利用することによって、自己資金以上に大きな取引をすることが出来る。

これが信用取引が持っている最大のメリットです。

これを書いている私自身も信用取引をやっていて、取引可能額の多さと注文の柔軟性を、とても便利だと感じています。

ただし。

こうした信用取引が持っているメリットは、裏がえしてしまうと、そのままデメリットにも直結する話なんです。

このあたりの話は何となく想像が付くかも知れませんけど、これを書かずに「信用取引は良いですよ」とは言えません。

ということで、今回は株式投資の注文形態のひとつである「信用取引」がもつデメリットについて書いてみます。

デメリット=危険性という認識で読んで頂ければ良いと思います。

信用取引のメリットとは

前回は株式投資が持っている取引形態のうち、「現物取引」がどんな特徴を持っているかについて簡単に説明をしました。

株式投資としてはごく一般的なやり方ですから、あまりデメリットがないというのが特徴じゃないか。

個人的にはそんなことを思っています。

そして現物取引とは少し違うスタイルを持っているのが、今回説明する「信用取引」です。

「株式投資=危険」というイメージを持っている方は多いと思います。

でも、自分で取ることが出来るリスクを管理していけば、という条件が付きますが、株式投資はそれほど危険ではないと思います。

これは、実際に取引をしている私の正直な感想です。

もちろん株の値動きが自分の思惑通りに運ばずに、大きな損失を出したこともたくさんありますけど。

それでも、自分がそのリスクを承知で取引をしているのだから、数ある可能性の中で今回は損失になっただけの話。

それがイヤであれば、何もしなければ良いだけの話ですから、その損失だけを見て「危険です」という気にはなりません。

とは言っても、信用取引でやり方を間違えるとさすがに危険がある、という意見には同意します。

大抵の場合、株で大きな損失を出してしまい、借金を背負う羽目になる方の大半は信用取引をしているはずですから。

ということで……

株主優待を楽しみたい方にはあまり縁がないかも知れませんが、ここではそんな信用取引の特徴について書いてみます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ