「配当金の記録」の記事一覧

2014年ドクターシーラボの損益

2014年 7月 19日

ドクターシーラボの株主優待を紹介した際に、株式分割について少しだけ触れました。

今回の場合はざっくり以下のような感じになります。

・最低取引単位が1株から100株へ

・1株32万円程度が1/100の1株3200円程度に

・私が保有していた3株は100倍の300株に

読んでみると分かりますが、ただ単純に株価が1/100になって保有株数が100倍になるので、資産としてはプラスマイナスゼロということ。

ただ、こうした分割をすると株価の振れ幅が一時的に大きくなる場合もあるので、そこだけは注意が必要です。

今回はそんなドクターシーラボの株主優待権利確定後、どんな損益になったのかについて記録をしておきます。

2013年マクドナルド配当金と損益

2014年 7月 19日

株主優待を受け取る為には、権利確定日にその企業現物株を保有しておく必要があります。

だから遅くても権利確定日に買い注文を入れることが前提。

その株を来年までずっと保有するなら別だけど、権利さえ確定すれば後はいつ売却してもOK。

だから権利確定日の翌日にやってくる権利落ち日に売却する、という考え方も当然あります。

1日しか株を保有していないのに株主優待を受け取ることが出来る。

これが良いのか良くないのかは私には分かりませんが、少なくともルールを解釈するとそうなります。

ただし今までの経験から考えると物事はそう簡単ではありません。

そうした単純な考え方で売買をすると、株主優待で得られる僅かな利益を超える損失を出す可能性の方が高い傾向にあります。

それは確かに分かっていることではありますが、2013年12月に現物買いをしたマクドナルドはまさにそのパターンです。

権利確定日に現物買いをして、翌日の権利落ち日に売却、というパターンがどんな結果になったのか。

今回はそのあたりを詳しく書いてみたいと思います。

2013年コクヨ配当金と損益

2014年 7月 13日

2013年12月末の権利確定日に買い注文を入れたコクヨ。

株主優待の内容には結構満足しています(具体的な内容は「2013年コクヨの株主優待」で紹介しています)

ただ、それに対してどの程度の資金が必要だったのか、資金を減らしたのか増やしたのかも重要です。

値動きによる利益も損失も関係ない、という言葉は、株式投資をしている方なら恐らく言わないはずで、それは私も同じです。

注文を入れた時の記事「2013年コクヨの株主優待権利取り」でも書いていますが、ある程度の損失は覚悟しているつもりです。

とは言っても、もちろん損失がない方が良いに決まっているし、思惑通りに動かないのが株価でもあります。

なので、もしかしたら損失はそれほど多くはないんじゃないか、などと言った期待も少しだけあったりします。

ただしダメならダメで諦めて損切りする。

これが出来ない場合は株主優待狙いはやらない方が良いので、そこだけは間違えないように判断したいと思っています。

2012年4℃の配当金

2012年5月末

2012年2月末に株主優待の権利を取った、F&Aアクアホールディングスですが、ちょっと会社名が分かりにくいですね。

ブランドで言えば4℃が有名な企業の株主優待を取った訳ですけど、株の売買としてはかなり失敗でした。

配当金についても、初歩的な勘違いをしていたことに気が付かず、配当金が振り込まれてから気が付くという情けない状態。

こんな状況を記録をするのも恥ずかしいんですけど、現実を記録していくしかないので、今回もマイナスの記録です。

たまにはキッチリと利益を出した取引を記録したいものです。

ただ、これを読んでいる方に「安易な株主優待狙いは危ないんだ」と思って貰えれば、少しは救われるかも知れません。

私の損失にも意味があるかも、とか……いやいや、それは違いますね。

こうした経験を経て、結局私自身が成長をしない限り、同じ失敗を繰り返すことになるだけです。

なんだか悟ったようなことをここで書いて、何となく自分をごまかさないようにします。

もっと自分が上手くならないとダメなんですよね。

株主優待は確かにメイン考えている訳ではないですけど、だからと言って損をして良いはずはないですから。

2012年コクヨの配当金

2012年3月末

2011年の末に株主優待の権利を取った、コクヨの株主優待がそろそろ届くかな、と思っていた今日この頃。

実際には株主優待の権利を受け取れる最低保有株数が500株に上がったことを知らず、優待を受け取れない状態になっています。

だけど、株の値動きによるマイナスは甘んじて受けなければならない。

これは本当に恥ずかしいことだし、実際に損をしている訳ですから、非常に悔しいことでもあります。

まあ今回の教訓は色々ありましたが、とりあえずは配当金を含めた最終結果がどうなったのか。

これをしっかりと記録しておこうと思います。

コクヨの配当金も振り込まれているので、そのあたりと実際の売買金額の記録は決して無駄にはならないはず。

間違いなく損失を出している訳ですけど、それがどの程度だったのか、どちらかというと今回はそういう記録ですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ