2013年2月の株主優待再検討-2

2013年 2月 20日

前回は2013年2月の株主優待銘柄について、権利確定日が近いので、もう一度各企業の値動きを確認してみました。

2013年2月の株主優待で狙っていたのは、以下の企業になります。

・ギャバン

・ビックカメラ

・ドトール

・パスポート

・トランザクション

・F&Aアクアホールディング(4℃)

・コックス

この中で、コックスは既に株主優待の権利を持っていて、ギャバンとビックカメラについては前回書いたので、今回はドトールから見ていきましょう。


■2013年2月の株主優待狙い

・ドトール

 ドトールのチャート

ドトールの株主優待も、ビックカメラと同じようなチャートになっていて、正直言って先行きが不透明な感じです。

ちょっと今手を出すことは出来そうにありません。

・パスポート

 パスポートのチャート

上げトレンドから一転して、これはもう下げトレンドなんじゃないか? という値動きになっています。

2月初旬に何も考えずに買いを入れていたら、今頃こんがりと含み損が育っていたことでしょう。

場合によっては買いを入れても良いかな、とか思ってますが、とりあえず様子をみることにします。

・トランザクション

 トランザクションのチャート

トランザクションもパスポートと同じで、上げトレンドから一転して下げに入ったようなチャートになっています。

今日1000円を割り込んだので、そのままずるずると下げるのか、ここから反発するのかに注目しています。

株価も手頃なので、出来れば100株でも現物買いを入れたいと思ってるんですけど、どうなることやら。

・F&Aアクアホールディング(4℃)

 4℃のチャート

4℃の値動きは、パスポートとトランザクションに似ているものの、今日は大幅に反発して取引を終えています。

今後どうなるかが全然分からないので、ここで現物買いを入れるのは結構難しいような気がします。

ということで、色々と調べましたが……

結局はあまり狙えそうな銘柄はなくて、パスポートとトランザクションは値動き次第で買いを入れるか、という感じでした。

まああまり株主優待に目が行きすぎるのも危険なので、楽しむことが出来る状態にしておくのが大事。

そうしないと、せっかくの株主優待も楽しめないですから。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ