時には何もしないことも大事

ちょっと堅苦しい話が続いていますが、今回も引き続き「株主優待を狙わない月がある」ことについて考えてみます。

まあ一言で済ましてしまうのであれば、損失ばかりを積み重ねながら取る株主優待は楽しくない、というだけの話です。

これは当たり前の話ですよね。

ちょっとしたオマケ感というかお得感というか、そうした気持ちを得ることが株主優待を狙う大きな理由になるはず。

それなのに、肝心の取引ではマイナスを計上しまくっていたら、株主優待を楽しめるはずなんてありません。

ただ、そんな話で終わってしまったらあまりにも簡単すぎるので、もうすこし何故かを考えてみている訳です。

ちょっと話が長くなってきましたが、多分今回で終わるはず。


■毎回マイナスでは続かない

基本的に我々は、少しでも利益を出すことが出来るように、という目的で株式投資をしているはずです。

少なくとも私はそうだし、「株で思いっきり損をしてやる」とか思いながら注文を出す人なんていないでしょう。

もしそういう人がいるとしたら、既に巨額のマイナスを出している人で、負け惜しみ的に「損得は考えてない」と言っているだけだと思います。

そんな状態では、もし仮に何か失敗をした場合でも、反省することがないので進歩も遅くなってしまいます。

それでは空しすぎるので、やっぱり株式投資をやるからには利益を求めるべきだし、ダメだった場合は反省と改善が必要になって来ます。

もちろん当サイトのテーマである「株主優待を楽しむ」事も、そうした目的のひとつではあります。

しかし株主優待だけに目が行ってしまい、株式投資による損益に注目しないというのはやっぱりリスクが大きすぎます。

株主優待だけを追いかけた結果得られる状況は、少しばかりのサイト充実と、圧倒的な口座残高の減少になるはず。

株で確実に勝つやり方などありませんけど、必ず負ける、トータルでマイナスになるやり方というのは確実にありますから。

 

■「何もしない」という選択肢

株式投資をする以上、口座残高が減ることで良いことなどひとつもないので、そうならない為に手を尽くす。

これが株式投資をする個人投資家に最低限求められる姿勢で、「本気を出してない」などの言い訳は無用なんです。

そして、マイナスにならない為の手段のひとつとして、「今回は諦めてスルーする」という項目があるんです。

株主優待狙いに限った話ではありませんが、株式投資でコンスタントに利益を上げていく為には、「待つこと」が非常に重要な行動になります。

毎日どんな状況でもトレードをやっていたら、恐らくかなりの確率で口座残高は減少していくことになるはずです。

なぜかと言うと、毎日取引をすると言うことはつまり、常に株を保有している状態になるからです。

ある銘柄で利益を出すことが出来たとしても、それを手放した後で、またすぐに注文を出したくなる。

買う為の銘柄を探している状態では、いずれ思惑と全く違う動きをする銘柄を掴むことに。

その確率はほぼ100%になって、常に注文を出したいと思っている人が、思惑通りに動かなかった株を損切り出来るか。

これが難しいので、結局勝率は五分五分であっても、トータルで考えると大きなマイナスになっている可能性が高い。

そんな状態になってしまう訳です。

そうならない為にも、時には無理だと思った時に「何もしない」を選ぶことが重要になってくる、ということです。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ