このカテゴリで書いていく内容

このカテゴリでは、私が実際に株主優待を楽しんでいる内容を、ある程度タイムリーに報告していくつもりでいます。

もう少し具体的に書くと、私が株主優待の権利を取った銘柄について、最終的にどんな結果になったのか。

それを色々と書いていきたいと思っています。

まあ時には、自分では書きたくないくらいに情けない状態になっている銘柄もあることでしょう。

いや、それが「時には」ではなく、ほとんど毎回になってしまう可能性も充分にあると思います。

でもここではそれを隠すのではなく、淡々と事実をありのままの書いていきたいと考えています。

そうしたリアルな内容にすれば、株主優待に興味を持っている方が読んで役に立つ事もあるんじゃないか。

そんなことを考えています。

あまりにも恥ずかしすぎて書くことが出来ない、というような事例がないように、私も全力で頑張ります。


■現物をどうするかという問題

権利確定日に現物株を保有して、株主優待の権利を得ることが出来た。

株主優待だけを考えれば、そこまでの手順を踏めば結果としては充分ではないか、ということになります。

後は数ヶ月後に届く株主優待を楽しみに待つだけ、と言いたいところなんですけど、実際にはそう簡単な話ではありません。

株主優待というのは、その現物株をどうするかまで追いかけて、そこでようやく完了なんです。

ずっと現物を保有するという選択肢もありますし、利益が出ている状態で売却するという選択肢もあります。

もしくは、もう全然損失なんだけど、諦めて損切りをするしかない場合も多々あります。

権利確定日に保有していた現物を処分して、その結果利益を出したか、あるいは損失を出したのか。

長期保有する場合は別ですが、実際にはそこまで確認出来てようやく取引が完了なんです。

だからこのカテゴリでは、保有した現物株をどうしたか、利益なのか損失なのかをきっちりと記録していきます。

損失を出すことの方が多くなるかも知れませんが、それが悲しいけれど現実なのかも知れません。

そのあたりはリアルにこだわって記録していくので、株主優待に興味のある方は、是非参考にして頂きたいです。

■株主優待とセットで考える

実際に株主優待が届いた際には、また別のカテゴリで写真を交えて紹介していこうと思っていますが……

自宅に届く株主優待と、このカテゴリで記録していく損益の状態というのは、本来セットで考えられるべきものです。

自宅に届いた株主優待だけを記録していった方が、楽しい部分だけを書くことになるので、書く方も楽です。

でも実際には、現物をどのように売却出来たのか、という事実と株主優待とはセットで考えるべきことなんです。

いくら豪華な株主優待が自宅に届いても、売買で数万円の損失を出していれば、それは少なくとも利益を出したとは言えません。

そう言う意味では、売買でも利益を出し、なおかつ株主優待の権利もゲットすることが出来た。

というのが最高の状態だと思います。

まあこれも書くだけなら簡単なんですけど、実際にやってみると、少なくとも全く不可能とは言えない、ということが分かります。

これ以降、株主優待の権利を取りつつも、売買でも利益を出すことが出来ました、と書くことが出来れば良いんですけど……

恐らくは非常に高いハードルに挑むことになると思います。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ