パスポートの検討と東京電力と

再び2012年 2月末

少し前から株主優待を狙っていたパスポートですが、値動きを見ながらしばらく悩んでました。

悩むというのは少し大げさで、「どうしよっかな……」くらいに考えていただけですけど。

今この記事を書いている時点ではまだ間に合うんですよね。

「まだ間に合う」というのは、要するに今現物の買い注文を入れれば株主優待をゲット出来るということ。

今買っておけば、何ヶ月か後で嬉しいプレゼントが貰える訳ですから、どうしようか結構迷います。

色々と考えてしまうと「やっぱりやめるか」になることは分かっているので、ある程度の思い切りも必要なんです。

株価の流れも上昇傾向にあるので、特に問題ない感じだし。

まあ天井かも知れないという怖さもありますけど、それは後になってみないと分からない事ですから。

上手く行けば、権利確定後も株価は上昇して、値動きでも利益を出すことが出来る感じです。

問題は出来高があまり多くない、ということくらいかな。

さてどうするか……


■結局は見送りで

こうしてパスポートの株主優待について悩んだ結果、結局今回は株主優待を狙うことを諦めることにしました。

(*´Д`)=3 < 結局は何もしないまま

なんだけど、まあそういう時もあるということで、今回の判断は全然アリだと思っています。

ちなみに現在の値動きはこんな感じになってます。

 

パスポートのチャート

 

ネックはやっぱり出来高の少なさ。

恐らく権利確定日と権利落ち日前後は一時的に出来高が多くなるとは思いますけど、そこで売れない場合もあります。

正確に書くと「その値段ではまだ売りたくない場合」もあるので、保有していて少しずつ下げてきた時の対処が難しいんです。

まあそうなったら損切りをするだけなんですけど、その可能性が結構高いんじゃないか、という気がします。

それが今回見送った理由。

まあ無理して株主優待を取るとろくな目に遭わない、というのが今までの経験から得た結論なので……

今回は臆病でもダメージなしを選びました。

■理由又は言い訳

基本的に、その株を買ったり売ったりしなければ、利益を上げることが出来ない代わりに損失も出ません

当たり前の話ではありますけども。

実はこれ、結構大事なことなんですよね。

ある銘柄を「買おうかな」と思っていて実際には買わなかった、ということは日常的にあることだと思います。

その銘柄がその後値上がりしたら、ちょっと存した気分になりますよね。

でも実際には、利益を出すことが出来なかっただけであって、1円も損をしていない訳です。

そうした「利益を出す機会を逃す」ことを恐れることは、株式投資としてはかなり危ないことなんです。

だから、今回の判断は特に問題ないはず。

と……

 

東京電力の売買結果

 

本日、東京電力の買い玉4000株を絶妙すぎるタイミングで売ってしまった私が言ってみました。

いや、利益が出ただけで良いんです。

せっかく仕込んだ買い玉だったのに、この上げを取れなかったと言っても、損失を出した訳ではない。

(´・ω・`) < だから問題ない問題ない

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ