自己責任という言葉

株式投資に必勝法などない、というような話を前回はしましたが、ちょっと夢がない話でしたね。

本当は「誰でも1億を目指せる投資方法」とかの話をしたいんですけど、書いている私が1億も稼げてないからなぁ。

ウソを書いても空しいだけだし。

ということで、やっぱり私は地道に少しずつでも資金を増やしていき、時々株主優待を楽しむ、というスタンスでいきます。

あと、これも書いておきたいんですけど……

誰だって株の必勝法とかを利用して、苦しむことなく簡単に資金を増やしたい、って考えることはありますよね。

ネットで検索をすれば、「確実に儲かる」みたいな言葉が飛び交っていますから、少し検索すればよく分かります。

でも、楽してリスクを負わずに利益を出したい、と欲張る人がうまい儲け話に騙されることになる。

少なくとも私はそう思っています。

今回はそのあたりの話について、自分に向けての発信という意味もあるので書いてみます。

まあ夢のない話ですけども。


■自己責任の世界

このサイトで何度も書いている気はしますけど、株式投資はどこまで行っても自己責任の世界です。

どんなに有名な企業に勤めていても、どんなに偉い肩書きが付いていても、株式投資の世界では関係ありません。

株を売るか買うか、あるいは何もしないか、出来るのはその3つの行動の中から、一番利益になる行動を選択するだけ。

「何もしない」という行動以外には、常に損失を出すというリスクがついて回ることになります。

株式投資のリスクを知ってから投資をしましょう、と書いているのもそうした理由があるから。

人に値上がりする銘柄を教えてもらいたいと思ったり、目からウロコの必勝法を探すような人は、きっとたくさんいるでしょう。

でも、そうした情報を教えて金銭を受け取ることを稼業としている側にとって、そうした人は良いカモです。

必ず騰がる株があるのなら、自分でリスクを負ってその銘柄を買えば良いのに、それを人に教えて金銭を受け取る。

何か違和感がありませんか?

リスクを負って株で利益を上げるよりも、人から情報量を受け取る方がリスクが少ないから、という理由。

私はすぐにそういう理由が思い浮かびます。

■上手い話に乗る前に

念のためにですけど、そういう「必ず騰がる株」などの話を聞く前に確認してみて欲しい項目を書いておきます。

その儲け話を教えてくれる人が、今現在どんな豪邸に住んでいて、どの程度株で利益をあげているのか。

実際に確認することは難しいとは思いますけど、これを確認しないで旨い話に乗るのは危険じゃないかと思います。

その人が色々な人を騙した結果、現在はお金持ちになっている、というパターンも考えられますが。

私はもう充分利益を上げましたので、あとは株で苦しむ方の為に……みたいな言葉も見かけますが、まあないですよね。

とにかく、そうした話に乗ってしまう前に、まず自分にこう問いかけてみることをお勧めします。

自分だったら、誰も知らない騰がる銘柄を知っていたとして、それを他人にわざわざ教えるだろうか、と。

少なくとも私だったら、そんな情報があれば自分だけで独占しようと思いますけど、いかがでしょうか。

株で継続して利益を上げ続ける事がどれだけ難しいかは、色々な株式投資ブログを見て回ればよく分かります。

本当に一握りの方以外は、途中で上手く行かずに更新を止めていたり、ブログを削除したりしてますから。

と、こういう話は退屈な上に夢がないのでこれで終わりにします。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ