2012年キューピーの現物手仕舞い

2012年 11月 28日

今日は2012年11月の株主優待権利落ち日。

昨日は信用買い注文で結構損失を出しましたが、今日は現物買い注文で損失を確定する予定です。

今回は「100株なのにここまで損失を出せるのか」と思うくらいの結果になっているはず。

あまりにも買いのタイミングが下手過ぎて、もうイヤになってしまいますが、これが自分の実力。

現実を受け止めつつも、今後同じ事を繰り返さないように、ダメだったところを改善しなければいけません。

まあ今回の反省点は何となく分かっているんですけど……

修正するべき点が分かっていても、結局修正することが出来ない人がほとんどで、私もそうなる可能性があります。

分かっていても出来ないというのは、分かっていないよりも悪いこと。

それはもう直すことが出来ないということなので、そうならないように反省をしなくては。


■キューピーの買いタイミング

まずはキューピーのチャートを見てみると、11月29日の取引後にはこんな感じになっています。

 

キューピーのチャート

 

そして私が100株の現物買いを入れたのが10月22日で、約定が1333円でした。

 

キューピーの買い注文

 

簡単な流れを説明すると、買いを入れてしばらくしたらあっという間に100円くらい値下がりした状態です。

ちょっと今回は買いのタイミングが悪すぎました。

買いを入れる前には躊躇っていたのに、株主優待が欲しくなって無理に買い注文を入れて大きな損失を出した。

今回のキューピーの取引を1文にまとめるとそんな感じです。

 

■反省点とマイナス金額

最初から良い雰囲気を感じていないのだから、今回は買いを入れるべきではありませんでした。

それでも無理して買いを入れたのだから、少しでもダメな雰囲気を確認出来た時点で手仕舞いをすべきだった。

まあ今だからそう書けるのかも知れないし、そういうことを書くだけなら簡単なんですけどね。

逆に売りポジを持った訳ですから、完全に失敗とは言えない部分もあるとは思っています。

でも結果的にはマイナスになっている訳だから、あまり大きな事は言えないですよね。

100株のキューピー株は1206円で売って、株主優待狙いの取引は大幅マイナスで終了しました。

 

キューピーの取引結果

 

差額127円というのは、マイナス方向だと簡単なんですけど、プラス方向だとなかなか出来ないものです。

まあ今回はマイナス方向だから、全然自慢にはならないですけど、とにかく100株にしておいて良かった。

とにかくキューピーの株主優待権利は確定しましたので、何か嬉しい商品が届くのを楽しみにしています。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ