2012年4℃の配当金

2012年5月末

2012年2月末に株主優待の権利を取った、F&Aアクアホールディングスですが、ちょっと会社名が分かりにくいですね。

ブランドで言えば4℃が有名な企業の株主優待を取った訳ですけど、株の売買としてはかなり失敗でした。

配当金についても、初歩的な勘違いをしていたことに気が付かず、配当金が振り込まれてから気が付くという情けない状態。

こんな状況を記録をするのも恥ずかしいんですけど、現実を記録していくしかないので、今回もマイナスの記録です。

たまにはキッチリと利益を出した取引を記録したいものです。

ただ、これを読んでいる方に「安易な株主優待狙いは危ないんだ」と思って貰えれば、少しは救われるかも知れません。

私の損失にも意味があるかも、とか……いやいや、それは違いますね。

こうした経験を経て、結局私自身が成長をしない限り、同じ失敗を繰り返すことになるだけです。

なんだか悟ったようなことをここで書いて、何となく自分をごまかさないようにします。

もっと自分が上手くならないとダメなんですよね。

株主優待は確かにメイン考えている訳ではないですけど、だからと言って損をして良いはずはないですから。


■4℃の配当金

F&Aアクアホールディングス(4℃)の株主優待を狙ったのは、2012年の2月末でした。

で、現物買いを入れたのは2月20日だから、まあ権利確定日直前に思いついてすぐに注文を入れた感じです。

806円で500株一気に注文という、もう分割買いも何もしない無策な買い方をしています。

 

4℃の買い注文

 

で、すぐに含み損が増えていって、権利確定日の後少し様子を見て、もうダメだと諦めて3月7日に売り。

 

4℃の売り注文

 

あっという間に16000円のマイナスを計上することになりました。

 

4℃の損益

 

権利確定日にすぐ売った訳ではないということは、値上がりの可能性を感じて少し粘ったということです。

でも、全然粘ることが出来ないまま、こんなタイミングで売り注文を出すことになりました。

 

 

あとから書くのは誰にでも出来ることなので、その結果自体を悔やんでいる訳ではないんですけど……

ちょうどその頃、メインでトレードしている株の調子が悪かったこともあって、自分の思惑に自信が持てなかった。

だからすぐに諦めてしまったのが残念です。

2012年の5月末に配当金が振り込まれましたが、株主優待の権利を取った時にはこんな事を書いていました。

配当金の予想は1株21円なので、500株で約10000円になります。

でも、実際に振り込まれたのはこちら。

 

4℃の配当金

 

中間配当があるから半分になることを全然忘れているという、もう情けない状態になっています。

これはかなり恥ずかしいですけど、一応損益を計算しておくと、損失15858円+配当金4950円で、マイナス10908円でした。

配当金が勘違いしていた額貰えても、結局はマイナスっていう、何とも言えない結果になりました。

もっと慎重に注文を出さないとダメですね。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ